無意識の施工とは

【コメント】

今回の品質を上げるスキルアップポイントは、『無意識の施工』を考えていただきたいと思います。
『無意識』と思わざるをえない施工事例からの気づきやスキルアップへの足掛かりになればと思います。

それではまず1枚目の画像ですが、いったいどの様な問題が考えられるでしょうか。

矢印の部分を見ていただきますと、この部分の何が問題かが一瞬では分からない方もいらっしゃいます。
よく見ていただきますと、下側のかぶり厚さが不足しています。
かぶり厚さを確保する為にサイコロスペーサーを使用されていますが、
同じ高さの鉄筋の更にその下に鉄筋があります。
つまり、縦筋の太さ(10ミリ)分かぶり厚さが不足している事になります。
そもそも、この縦筋は何の鉄筋だったのでしょうか。
外周部のピッチを構成する縦筋?コーナー縦補強筋?

答えはどちらでもなく、職方にお聞きしましたら、
『余ったから何となく入れたんだよね。』とのことでした。

次に、2枚目の画像はどうでしょうか。
一見問題のない施工に見えますが、お分かりの様に起きている現象は同じです。
下側のスラブ筋の更にその下に外周部の縦筋の定着部分があります。
ここでもかぶり厚さが不足しています。
サイコロスペーサーは一番下の鉄筋に施工していただく必要がありますが、どちらもそうなっていません。
今回の事例に共通する事は、『無意識の施工』という事です。
一見問題が無いように見えますが、よく見るとそこに問題が潜んでいます。
言われて初めて気が付くのではなく、その意味をしっかりと意識した施工が肝要です。
ほんの少しの一手間、一工夫が未然に問題を防ぎます。
皆さんの現場、一度確認されてはいかがでしょうか。

安全への配慮

【コメント】

現場監査時に、職人様の安全のこだわりが見受けられる部分が多々あります。
写真は第2回目の基礎立上り監査時の1枚になります。
木製型枠でアンカーボルトを固定していますが、アンカーボルトの先端にキャップが設置されています。
合わせて、ドウブチで高さを出してキャップで固定もされているので、きっちりとした施工になります。
アンカーボルトの先端はきっちりとした養生がされていないと施工精度が悪く、
締め付け状態に影響を与えます。
アンカーボルトの固定も主筋に括り付けられており、しっかりとした固定がされています。
アンカーボルトの固定、設置位置を基礎立上りコンクリートの打設前に行っていれば、
その後の工程での出戻りも少なくなります。

次工程は土台監査になるのですが、アンカーボルトに関する不備が指摘の多くを占めます。
基礎職人様も次の仕事のことを少しでも考えていただけたら、お互いに仕事がしやすくなるのでは
ないでしょうか。

NEXT STAGEの現場監査では、自社基準に適合しているかどうかだけではなく、
ビルダー様や現場監督様、協力業者様が工夫している内容もどんどん拾っていきます。

『日経ホームビルダー 2017.7月号』にコメントが掲載されました

日経BP社様発行の日経ホームビルダー 2017.7月号
 『特集1 迫り来る施工品質の崩壊』内で弊社代表 小村 直克がインタビューを受けました。

悪化する施工品質について、施工事例写真とともに小村がコメントしております。

 

日経ホームビルダー 2017.7月号』 インタビュー掲載記事はこちら

 ※日経BP社様の日経ホームビルダーWEBサイトはこちら

 
NEXT STAGE GROUPの取り組み・サービス・セミナーにご興味ございましたら、
下記までお気軽にお問い合わせくださいませ。

<お問い合わせ先>
株式会社 NEXT STAGE 札幌支店
TEL:011-205-0372
FAX:011-205-0373
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。

夏季休暇のお知らせ

拝啓

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、弊社の2017年度夏季休暇を下記の通りとさせていただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

◆夏季休暇期間◆
2017年8月11日(金)~2017年8月15日(火)
<※2017年8月16日(水)より、通常営業いたします。>

今後とも、格別のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

敬具

どの様に…

 

【コメント】

最近の事例で、天井近くに取り付けられたシャッター付き引違い窓を見かけました。
身長170cm以上の男性でも、手を伸ばしてシャッターを閉める事が出来ない、高い位置にです。
頻繁に開閉する事が無いと思われる部屋だったのですが、
シャッターを付ける必要性があったのでしょうか。

突き出し窓や開き窓ではダメだったのか?
そもそも、この位置にどうしても窓が必要だったのか??…疑問を感じます。

住み手と造り手が打合せを密に進めないと良い住宅は出来ないと思います。
話し合いの中で、もしかしたらこの事例も事前に防げたかもしれません。
造り手は、ただ家づくりをするだけでなく、
住み手の不安や不満を少しでも解消してあげる事も、大切な役割の一つなのではないでしょうか。