2017年度ACU第6クール開催日程のお知らせ

「現場管理者向け実践養成講座(A.C.U. )」の2017年度・第6クールの開催日が決定いたしました。

弊社、NEXT STAGE GROUPでは全国数万件の施工管理実績と事例をもとに、我々しかできない
独自の実践的プログラムをご用意し、現場管理者としての思考や実践的ノウハウを含め、
次世代へ期待される現場マネージャーへの育成を目指しております。

【開催日程】
第1回 2017年   7月28日(金)/ 29日(土)
第2回 2017年   8月25日(金)/ 26日(土)
第3回 2017年   9月29日(金)/ 30日(土)
第4回 2017年 10月27日(金)/ 28日(土)
第5回 2017年 11月17日(金)/ 18日(土)
第6回 2017年 12月15日(金)/ 16日(土)

【開催地】
 ・大阪 ※開催会場は別途ご連絡いたします。
 
【開催時間】
 金曜日:13:30~17:30
 土曜日:  9:00~12:00

【お申込期限】
2017年6月9日(金)まで

※1クール15社単位の少数精鋭で実施しております。
 第1クール~第5クールともご好評につき、お申込み期限前に定員となり締め切りいたしました。
 参加ご希望のビルダー様はお早めにお申し込みいただきますようお願い申し上げます。
 
※詳細及びお申し込みにつきましては以下をご参照ください。
  →現場監督向け専門教育カリキュラム 参加申込書 2017年度 第6クール(PDF)

事務局(お問い合わせ)
NEXT STAGEアーキテクト株式会社  ACU事務局
TEL:06-6809-3333
FAX:06-6809-3332
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。

季刊誌『ACRO FIELDS』発刊のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

この度、業界唯一の住宅品質向上事業であります弊社といたしまして、
全国の建築会社様の施工品質監査サービスのご採用を経て、念願の季刊誌『ACRO FIELDS』を
発刊する運びとなりました。

   


『ACRO FIELDS ‐崇高な品質ブランドへの挑戦者たち‐』vol.1 2017年春号
   
 【トップインタビュー】
 ○「PDCAを回し続け、加盟店全体で品質ブランドを築く」
  ・株式会社 NEXT STAGE
    代表取締役 小村 直克
      ・イビケン株式会社
    取締役常務執行役員 コンポーネント事業セグメント担当役員 野原 卓也 様
  
 ○「工事現場の見える化で職人の潜在能力を最大化」
    ・株式会社 小田原工務店
    代表取締役 小田原 勤 様
 
   ○「第三者監査の必要性を伝え、高い施工品質で財産を築く」
  ・丸和建設株式会社
    代表取締役 和田 康伸 様

   ○「選ばれるつくり手の家づくり運用術」
  ・縁 創建工房
      代表取締役 松藤 慎二郎 様
 
   
季刊誌『ACRO FIELDS』に関してご興味ございましたら、
下記までお問い合わせくださいませ。

(お問合せ先)
株式会社 NEXT STAGE
TEL:06-6809-3333
FAX:06-6809-3332
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。

2017年度ACU第5クール 4回目が開催されました

弊社、NEXT STAGE GROUPでは全国数万件の施工管理実績と事例をもとに、我々しかできない
独自の実践的プログラムをご用意し、現場管理者としての思考や実践的ノウハウを含め、
次世代へ期待される現場マネージャーへの育成を目指しております。

この度「現場管理者向け実践養成講座【A.C.U.】」の2017年度
第5クール 4回目が開催されました。

第4回目は、PDCAのサイクルに必要なCの部分【チェック】の視点について、NEXT STAGEの北関東エリア、
中部エリア、九州エリアの監査技術長を招き、実際の全国の現場事例を確認しながら、
どこに不備が潜んでいるのか?なぜこのような不備が起こるのだろうか?更には、このような不備を
起こさないためにどのような事前計画が必要なのか?をしっかり紐解きながら一つ一つ検証していきました。

全国の建築会社様でどんな施工をされているか実例を見ながらの講義に、
受講生の皆さま興味深く聞き入っておられました。

     


【今後の開催日程】
第1回 2017年  1月27日(金)/ 28日(土) 開催済
第2回 2017年  2月24日(金)/ 25日(土)   開催済
第3回 2017年  3月24日(金)/ 25日(土) 開催済
第4回 2017年  4月21日(金)/ 22日(土) 開催済
第5回 2017年  5月26日(金)/ 27日(土)
第6回 2017年  6月23日(金)/ 24日(土)

【開催時間】
 金曜日:13:30~17:30
 土曜日:  9:00~12:00
 
※詳細及びお申し込みにつきましてはこちらをご覧ください。
 
事務局(お問い合わせ)
株式会社 NEXT STAGE  ACU事務局
TEL:06-6809-3333
FAX:06-6809-3332
※メールでのお問い合わせはメールフォームをご利用ください。

設計図書内の品質改善

 【コメント】

施工品質の向上のためには、設計視点での改善も欠かせません。
NEXT STAGEの現場監査でも様々なビルダー様の設計図書をお預かりして現場監査をおこなっております。
その中で、設計図書内での表現の癖や見やすさ、見にくさといった内容も数多く散見されます。
現場監査では、現場にお邪魔してチェックさせていただいている際に、
自社基準に適合していない箇所もありますが、設計図書内の表記不整合や表記ミスによっての
不適合箇所も多くあります。
現場の最前線で頑張っていただいている現場監査士様も、設計図書の表記不整合や表記ミスによって
判断に迷ったりする事例は数多くあります。
左側の写真(基礎伏図)には、基礎の人通口の位置が設計図書に落とされており、
凡例にも記載がされています。
一方、右側の写真は一見すると人通口に見えますが、設計図書に記載がなく
凡例にも人通口の記載がありません。
基礎の立上り部の人通口部分と端部の箇所では基礎配筋の考え方が異なり、
基礎業者様も施工時に迷うことがあります。
ビルダー様の協力業者様が工事をしやすい施工目線での設計図書の在り方を考えていくことも、
施工品質の向上には欠かせません。

『ローコスト住宅の量産に潜む、本当のリスクとは』

先日、週刊誌でローコスト住宅を供給する、とある成長企業の実態が暴露される
記事が業界を揺るがした。
我々にも、住宅品質管理企業という立場から、様々なマスコミが見解を求めてこられたのであるが、
日本の建築現場を日々、品質監査という立場から多くを見てきている我々からは一言、
『氷山の一角なのではないでしょうか』とお答えをした。
決してその事実をかばう訳ではないが、記事内容は、確かに「施工不良」と言わざるをえない
厳しい実態ではあったが、一番の問題は何故このような施工現場になってしまうのか?という
根幹が重要なのである。
企業体質や現場体質などと、漠然と経営的思考を語るのではく、何故このような現場風土が
蔓延するようになったのか?を解決していく必要があるのではないだろうか。
実はこのような現象は数百棟、数千棟といった量産ビルダーだけに引き起こる問題ではなく、
もっと小規模なビルダーでも、日常茶飯事に引き起こっていることも忘れてはならない。
つまり、年間10棟のビルダーが20棟を供給するケース。
また年間100棟のビルダーが200棟を供給するケース。年間1000棟のビルダーが2000棟を供給するケース。
桁は違うが、単純に2倍の現場供給数になれば、2倍以上の施工管理能力や各種職人の確保を含めた
高度な管理体制を充実させない限り、販売と製造のギャップが津波の如く押し寄せてくるのである。
さらに月次の着工仕掛かり具合に応じては、とても人間が管理する環境にも至らないケースも
しばしば見かける。

それだけではない。

職人や現場管理者不足やスキル不足といった現在の業界事情が重ね合わされば、
結果、現場施工は管理の面からも人的裁量に委ねられ、ローコスト供給からの安価な請負環境及び、
手間請けという作業チックな環境などが、いつの間にか拍車がかかり蔓延していく。
いわば非常に恐ろしい負のスパイラル現象なのである。
おそらく今後の対処としては、このような現場を引き起こさない事がこれからの企業にとっても当然重要に
なってくるのであるが、第三者検査機関のような仕組みを一時的に取り入れ、蓋をしていくケースが
過去にも非常に多い。
実はこの表面的な対処が、近い将来にはさらなる大きな企業成長を阻む大きな落とし穴として待ち構えている。
何故ならば、数回の検査対処で施工管理代行には成り得ないし、製造することはそんなに甘いものではない。
だからこそ製造に携わる企業は、根本的な体質改革に踏み切る為の品質管理の仕組みそのものを
根本から見直し、新たな風を取り入れながら現場管理者及び職人の教育も含めたスキームを作らない限り、
根深い経営課題は決して取り除けないであろう。
これが製造企業における本当のリスクなのである。